eDAQ Japan

フローインジェクション分析(FIA)

eDAQ FIA system -  FIA Chart extension interface

フローインジェクション (FIA) 分析にはe-corder やPowerChrom ハードウェアユニットが便利です。Chart ソフトウェアと FIA Chart エクステンションを使えば、自動的にピークを検出し較正します。ピークエリアまたはピークハイトで較正し、適正な検量線関数を使って最適化します。測定結果はユーザが設定する表式でレポートします。.

ER282 フローインジェクション解析システムは2チャンネルタイプの収録装置です。PowerChrom 280 ハードウェアに、Chartソフトウェア、FIA Chart エクステンション及びEvent Manager Chart エクステンションを含むシステムです。イベントマネージャーは PowerChrom のTTL 出力を管理し、オートサンプラー等のシグナルから記録のオン/オフをコントロールします。

 e-corder と PowerChrom ユニットは~±10V のアナログ信号を記録します。

4連ポテンショスタット、や ポテンショスタット、eDAQのアンプ、ポッドを使ってFIAシグナルを収録するには e-corder が必要です。

FIA システムの関連製品:

非接触電導度検出器

C4D (contactless conductivity detector) (非接触電導度検出器) はフローインジェクション分析にも使われています。 フローインジェクションに使われる チューブ への取り付けは簡単で、ET125 チューブヘッドステージが対応します。 ER225 C4D データシステムとChart ソフトウェア、  FIA Chart エクステンションを使ってフローする溶液の電導度を記録します。

C4D を使ったFIAの応用例::



免責事項: 本ページの紹介した市販メーカの製品は情報提供の目的で記載したもので、推奨や品質を保証するものではありません。

This page was last modified on: 27 Jun 2016 20:55:56