eDAQ Japan

PowerChrom システム

クロマトグラフィーをアップグレード

GC や HPLC で使うチャートレコーダやインテグレータをアップグレードし、Winodws OSに対応する最新のレコーディングシステムに更新します。


ER180 PowerChrom システム

PowerChrom システム はクロマトグラフ専用のデータ収録、表示、解析装置です。システムにはPowerChromソフトウェアとPowerChrom ハードウェアインターフェイスから成り、Windows XP、Vista、Windows 7、8 以降のコンピュータに対応します。

PowerChrom システムの特長:

  • クロマトグラフのデータ収録をコンピュータ式ワークステーションに
  • プログラミングが必要ないプラグ&プレイ
  • 1台、または2台の検出器に対応
  • 最高24 ビットの分解能
  • チャンネル毎に選択可能な入力ゲイン、±20mV ~ ±10V
  • デジタル信号処理でS/N比を向上
  • 外部装置をコントロールする接点リレー出力(PowerChrom180 限定) 
  • USB 2.0 及び 1.1 に対応

PowerChrom ソフトウェア単体の購入も可能です。ソフトウェアは e-corder に対応します。

自動、手動の操作(使用するクロマトグラフの構成に依る)が可能です。オートサンプラーやフラクションコレクターのサンプリングシグナルを接点リレーかTTL信号でトリガーします (PowerChrom 180) 。多検体測定はシーケンスドキュメントで管理します。

GLP

PowerChrom によりラボ作業の効率がアップします:

  • すべてのランに日付と時間を記録
  • データの収録と解析に使うメソッドを記録
  • 追加コメントを保存し、サンプル番号から検索可能
  • データを30秒ごとにハードディスクに保存し、停電後のリカバーも可能
  • すべての情報(メソッド、キャリブレーション、ピークレポート、生データ)を1つのデータファイルに保存
  • 一つのデータファイルに最大999ランまで記録
  • 関与させるキャリブレーションテーブルへのアクセスが常時可能

クロマトグラム(グラフと表データなど)、ピークレポート、メソッド、シーケンス情報を別のグラフィック系ソフトウェアやワードプロセッサ、表計算ソフトウェアへエクスポートできます。

ピークのマニュアル調整

識別の難しいピークを自動スレッシュホールドで調節するのに時間がかかる場合、手動ピーク編集機能を使用すると追加、削除、スキム処理、あるいは直接ピークをポイント&クリックで編集できて大変便利です!

検量線のレスポンス関数

検量線は直線、2次関数、ポイント対ポイント(非線形補間)等のレスポンス関数で最適化します。

自動化のシーケンス

シーケンスドキュメントを作成して多検体測定を自動化します (PowerChrom 280) 。

オーダ情報

ER180 PowerChrom 180 システム (PowerChrom ソフトウェアと180 ハードウェア)

ER181 PowerChrom 181  (PowerChrom ソフトウェアと181 ハードウェア)

追情報

ES280 PowerChrom ソフトウェア 使用ライセンス込み (e-corder 対応)

ES281 PowerChrom ソフトウェア部門ライセンス

ES280 PowerChrom 280 システム 旧型モデル

 

連絡先:  info@edaq.com

 

This page was last modified on: 30 Jun 2016 18:56:16